織りと染め、紬の製織

経の糸と横の糸とを組み合わせることにより

無限に近い種類の布が織られてゆく不思議。

初めて機を織る方にも親しみやすい卓上機を使った織りから、

高機による製織まで学ぶことができます。

織りの構造や組織を解説する講座や、自分で織る材料を染めたり、

真綿(まわた=絹のわた)をひいて紬糸をつくったりする特別授業もあります。


通常教室~卓上機から高機まで

初めての方にも使いやすい卓上機による裂き織りやミニマフラー製作からはじまり、綴れ織りやノッティングを経て、高機による複雑な織りまで学ぶことができます。自分で組織図を読んだり作れたりするようにレクチャーします。またご自分で作った座繰りの生糸や紬糸を作りためて使うこともできます。

開講日:毎月第1月曜・第3日曜日(講師やton-caraの都合により変動する場合もあります)

開講時間:10時~15時(昼食1時間)

料金:7,000円/日(半日の場合は4,000円)

材料費別途

定員:7名

最小遂行人数:3名

昼食希望の方はご連絡ください。(食材費600円)

遠方からの方はton-caraにお泊りいただけます詳しく見る

 

教室風景を見る。 

機織り教室カリキュラム

基礎編

↑裂き織りコースター

1、裂き織りでコースター制作

2、裂き織りでマットの制作

3、ウールで平織りのパターンサンプルの制作

4、千鳥格子マフラーの制作

5、網代格子マフラーの制作

↑千鳥格子と網代格子

6、ラーヌ織りでポーチ生地の制作

7、タペストリーの制作

 

 

 

中級編

1、コットンストールの制作

2、ベルト織り

3、ラグの制作

4、浮き織りとはさみ織りのサンプル制作

5、浮き織りとはさみ織りでタペストリー制作

6、織物の基礎の話

7、杉綾柄クッションカバーの制作

8、透かし織りサンプルの制作

上級編

1、もじり織り(紗)でのれん制作

2、ワッフル織りでタオル制作

3、絣のサンプル制作

4、高機でサンプルを制作する

5、高機での組織織り



特別教室~真綿をひいて作る紬糸

真綿(まわた=絹のわた)を手でひいて作った糸で織られたものが『紬(つむぎ)』。手で引いた紬の糸は、ふんわりとしてぽこぽことした凹凸が特徴です。ご自分で引いた紬糸を作りためて織りに使うことができます。糸からゆっくり作った独特の風合いの紬生地は、きっと格別ですよ。 

開講日:不定期開催(希望者があれば定期講習内で開催します)

開講時間:10時~15時(昼食1時間)

料金:7,000円/日 (半日の場合は4,000円)

材料費別途

定員:4名

最小遂行人数:3名

昼食希望の方はご連絡ください。(食材費600円)


特別教室~植物染料を使った染め

織り教室に使う生糸や紬糸はご自分で染めることができます。

糸の染めから設計する楽しさをぜひ味わってみて下さい。

 

開講日:不定期開催(希望者を募って開催します)

開講時間:10時~15時(昼食1時間)

料金:7,000円/日 材料費別途

定員:7名

最小遂行人数:3名

 

昼食希望の方はご連絡ください。(食材費600円)


講師紹介

坂田美波(さかたみなみ)

織物作家。

1976年生まれ。

大塚テキスタイル専門学校工芸染織科卒業。南足柄工芸研究所にて染色と織りを学ぶ。

2008年独立し、群馬県の自宅工房で製作を始める。 

2011年から安中市の公民館事業にて機織り講座を担当。