· 

はくセーターworkshopのおしらせ

麻衣ちゃんは、8年前にカラムシの勉強に行った先で出会いました。

それから何度か一緒に麻の糸つくりを習いました。

今はふるさとで服のお貸し屋時々仕立屋さんの『日和スタイル』というお店を営んでいます。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////  

いち個人の人生を箪笥に例え、  

その何段目かの引き出しに潜んだちいさな物語を、  

衣を介してそうっと覗かせていただきます。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

 

という麻衣ちゃんは、布と、衣とそれをまとう人の物語を、きっととても愛しているんだなあ、とジンとしました。

箪笥の中で眠っているセーターを ももひきに仕立て直すワークショップもやっています。

群馬に来るというので、ton-caraにもよってワークショップをしてくれることになりました。

次の日は蛙トープさんに行く予定。

 

これは以前に麻衣ちゃんのworkshopを企画した方の文章だそう。麻衣ちゃんのHPに転載されていたものです。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

ーーーーーーーーーー
「布往生」という言葉を群言堂の登美さんから
伺ったとき私の何かが癒され、涙がポロポロとこぼれました

勿体無いというわたし達の祖先が大切にしていた心を途絶えさせることなく
次の世代に伝えていきたい

女たちが集い、針を動かし、語りながら
布と心を繋ぎあう

大切にしたいことは
こんな小さな愛のかたちです

内職の場を新しいコミュニティの場としてつくっていきたいと思っています
ーーーーーーーーーー

 

 

肌にまとっていた記憶と眠っていた思い出に糸を通してつなぎ寄せ、もう一度あたらしい形で出会いませんか?

 


着なくなったセーターを、履くセーターへ○

【日時】2019/1/19(土) 10〜13時 
*お食事はカレーを用意しておきますので希望の方はお伝えください(700円)。

村のバザールさんのドリンクもプラスで購入できます。
【料金】¥3,000-/テキスト別途¥300-(*ご希望のかた)
【人数】10名
【予約】■日和スタイル
     mail|hiyoristyle2016@gmail.com
      tel |090-8255-2702
    ■ton-cara
     mail|mail@ton-cara.com

     tel |027−368−2370 
    ①お名前
    ②ご連絡先
    (*ご購入いただける分も少しばかりご用意しています)
    上記をご連絡ください。
【持ち物】セーター、小ばさみ、裁ちばさみ(*あれば、でかまいません)

※ご注意
セーターは、できるだけラグラン袖じゃないもののほうが作りやすいです。不安なかたは、事前にご相談くださいませ。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    太田 廣子 (日曜日, 09 12月 2018 12:12)

    大正生まれ・津軽の姑が残した手編みセーターが10着以上手元にあります。都会生活では着ることもなく思い出として残してあります。
    70歳の私が安中まで行かずとも,履くセーターを作成出来る方法はありませんか?
    135-0004
    東京都江東区森下4-9-4-210
    090(1730)4804
    太田 廣子

  • #2

    ton–cara (日曜日, 09 12月 2018 16:03)

    太田さま、コメントありがとうございます。workshop shopを行う日和スタイルさんは、東京でも開催していますので、太田さまに連絡してもらうよう伝えますね