糸と布づくり、染めの教室

ton-caraでは『衣』の材料となる繊維が土から生まれるところから、学んでいただけます。

畑、栽培、飼育、採集、製糸、染め、織りの流れの中で、どのように繊維が生まれ糸となり衣となるのかを体験してください。

おもな講習内容は次のとおりです。


養蚕と座繰り製糸

桑を栽培し、蚕を育て、繭を煮て生糸をとる、伝統的な座繰り製糸。各地の養蚕と座繰り製糸、蚕糸技術を地道に取材し継承と製作に打ち込む『蚕絲館』さんから蚕を養うための桑畑から養蚕・座繰り・撚糸・精練まで学ぶことが出来ます。

講師:蚕絲館主催 東宣江

和綿の栽培と糸紡ぎ・織り

日本の気候に適応しながらも、外国産の安価なコットンにおされ希少種となってしまった『和綿』。かつてはありふれた光景だった『棉(わた)』の種まきから栽培・採集・糸紡ぎ・織りまで手がける『手織り おもとや』の飯塚さんのレクチャーで学ぶことが出来ます。

講師:手織り おもとや 飯塚里美


織りと染め、紬の製織

太めの糸を使った初心者向けの卓上機から高機による複雑な織りまで、織物作家・坂田美波さんの手ほどきによって学ぶことができます。真綿(まわた=絹のわた)をひいて作る『紬糸』の製作や使用する材料を植物染料で染めるレクチャーも行います。

講師:織物作家 坂田美波

風土に根ざした草木染

私たちの暮らす土地にはその場所ごとの風土や慣習があります。暮らしが根ざす土地に軸を置き、身近な植物に丁寧に向き合い、風土をはぐくむ水を介し、そして何世代にもわたり染めを追求してきたのが草木屋さんです。長年かけて構築された理論と実践のレクチャーを受けながら草木染を学ぶことができます。

講師:草木屋 山崎杜人