和綿の栽培と糸紡ぎ・織り

『木綿往生』という言葉があります。

かつて木綿は自家用に栽培され、一家の女性の手により糸にして織られ、くたびれた着物は作業着に、やがて穴が開けば繕い繕い、それが限界に達すれば小さく切って雑巾に、それも限界に達すれば紐に撚り灯心となって燃え尽き、その天寿をまっとうするというもの。

むかしは当たり前だった風景と手仕事です。なぜそこまで布を大切にしたのでしょうか。

今はわからなくなってしまいました。でも、棉(わた)の栽培から糸紡ぎ、織りを通して体験頂くことで、

わずか一筋の糸や、布をいとおしく思う、むかしの人の気持ちが、きっと実感頂けるはずです。


通常教室~和綿栽培から糸紡ぎ・織りまで

棉(わた。繊維になる前は木へんです。)の種をまくところから栽培、収穫、綿繰り、綿打ち、しの作り、糸紡ぎ、染め、織りまでの一連の作業を年間通して学んで頂けます。(織りは卓上織り機を使用します)

 

開講日:毎月第2・4水曜日(講師やton-caraの都合により変更になる場合があります)

開講時間:10時~15時(昼食1時間)

料金:7,000円/日 材料費別途

定員:5名

最小遂行人数:3名

 

昼食希望の方はご連絡ください。(食材費600円)

 

 


一泊二日 織り集中講座

一泊二日で織りに集中しブランケットマフラーを織りあげます。講師と一対一のマンツーマンレッスンです。

 

開講時間:10時~

料金:50,000円/一泊二日(夕・朝食事込み)

定員:1名

材料費別途、通常教室で紡いだ糸を使用することもできます。

 

開講日はご予約によります。

詳細はお問い合わせくださいませ。

 

 


講師紹介

 

手織り おもとや

飯塚里美

1976年東京生まれ。高崎市在住。武蔵野美術大学卒業、出雲織作家 青戸柚美江 青戸秀則氏に弟子入り。独立後『手織り おもとや』を屋号とする。綿花栽培から糸紡ぎ、織りを手掛け日本人の生活に密着した木綿の素晴らしさを多くの人に伝え良きものを提案したい、と活動中。