命がけの高機。

『知人の家(古民家)に高機があるんだけど、引き取り手がいなければ、家と一緒に壊しちゃうんだって!』と、

講師をお願いしている I塚さんから連絡をいただいたのが数か月前。

今日はとうとう、その機をひきとり、この家に運び込む!ことになりました。

 

メンバーは、I塚さんのファミリーと、『男手もうひとりいた方がいい』とのことで、

姉夫婦にも来てもらいました。

その古民家に到着すると、I塚さんは

『はい!マスクもってきたよ』とマスクの配給をはじめました。

『泥だらけになるから』とは聞いていたけど、何か大変なことが始まりそうな予感。。。

 

そして、やはり、大変でした。

長年住む人がいなかった古民家の天井からつるされた高機。

機を降ろすための縄をかけた後、I塚さんのご主人が、梁にのぼり、つるされた縄を切ってゆきます。

さすが植木屋さん、てきぱきと頼もしいです。

しかしほとんど発掘。インディジョーンズばりです。

そして降ろした高機を今度は一階に。男手二人、お願いできてよかったよう。

写真、撮りたかったけど、とてもそんなじゃなかった。。。

『あたしゃ、死人がでるかと思ったよ!』

と、姉がのちほど語りました。

機は、幾多の困難を経て、無事ton-caraの2階に収まりました。

みなさま、本当にお疲れ様でした!!

その後みんなで食べたジンギスカンの、おいしかったこと。

義兄には『カレーごちそうするから!2杯たべて!』といってお願いしたのに、

結局専属で火の番をさせてしまった。。。

 

太平洋にひとりぼっちの気持ちになっていたのがつい数日前。

たくさんの人の助けがあって、ちょっとずつ前に進めている気がします。

わたし自身はこれといった才能も特技もなく、無力で非力です。

でも、それでよかったと思います。

それだけに、人の力がどれだけ有り難いか、身に染みて実感することができます。

 

この機にも、いろいろ仕事をしてもらう予定です。

待っていて。きれいにしてあげるからね。