かまどに火を、ふたたび。

今日は大晦日。掃除もまだまだですが、かまどの神様にお供えをしようと火を入れました。

ずっと使われていなかったかまどです。

湿気ていて、なかなか手間取りましたが、やがて勢いよく炎があがると、

その途端、あちらこちらの時計が一斉にボーンボーン、と、家中に鳴り響きました。

止まっていた時が動き始めたように感じ、涙が出そうになりました。

かまどには神様がやどり、家や家族を守ってくれるとむかしの人は言い伝えました。

 

『家って、生きている』、そう感じました。

この家の人は、みな出て行ったり亡くなったりしていなくなってしまいました。

でも、誰かが帰ってくるのをずっと待っていてくれていた気がします。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    オオイシ ユウコ (月曜日, 09 1月 2017 12:42)

    かまどで炊いたご飯は、きっと美味しいでしょうね。
    春の訪れがきこえてきた頃に、味わいに行きたいと思ってます^^
    機織りや麻の栽培、かつて日本の暮らしにあったものを、ぜひ見せてください。

  • #2

    ふせ (月曜日, 09 1月 2017 21:46)

    ありがとうございます^_^
    コメントうれしいです。
    古民家は予想外の珍事も多く、お掃除も中々大変ですが、それも含めて楽しんでいます。ぜひぜひお出かけください。