七草がゆです。

母がなずなを摘んできました。下ごしらえが手際よいので、

小さいころから七草を摘んだり料理していたのか聞くと、

田舎では七草なんて風習はなかったとのこと。(母は幼少時より家族分の賄い係だったそうで。)

それどところか子どもの頃、はこべがあんまりにもやわらかそうで美味しそうだったから、

おひたしにして出したら『こんなウサギのエサ食わせやがって~~!』と母の父に怒られたそう。

 

してみると七草がゆって、野と隔たった町のひとの風習なのかしら。

ちなみにフセの父(町の人)は『唐土の鳥が飛ぶ前に~』などと

歌いながら七草をたたいてお粥に入れたといっていました。

ともあれ わたしは七草がゆが大好きだ。