和綿のこと。

799年、ひとりのインド人の青年が三河の浜辺に漂着しました。

彼は携えていた一弦の琴を弾き、持ち物を売って家を建て、この国に住み着きました。

日本に初めて『綿』をもたらしたのは、この青年であったと伝えられています。

彼がもたらした綿の種は、紀伊・淡路・丹波・讃岐・伊予・土佐・太宰府に植えられました。

ただ、日本の気候にはあわなかったらしく、ほとんどが絶えてしまったようです。

 


 

綿花は乾季のカラリとした気候の中で実を著けます。

一年中多湿な気候で、また当時の地理的にも、なかなか難しかったのでしょうか、

この国に定着することはありませんでした。

 

状況がかわったのは戦国時代。

他国としのぎを削る中、麻よりも弾力性にすぐれ擦り切れにくい、綿の需要が高まりました。

中国においても、東アジアに適応した綿の品種改良に成功したらしく、 それが日本にもたらされました。

やがて開かれた江戸幕府は、綿の栽培を奨励し、綿は会津以北を除く日本の各地で作られるようになりました。

江戸幕府の農政事業と、綿の普及は、人口の増大を後押ししました。 

 

しかし明治に入ると、綿に対する関税が撤廃され、 安価な綿が大量に流入し、日本の綿は姿を消して行きました。 あれほど苦労して日本に根付かせたのに今はもう、誰の身を包むこともありません。 

古老はふつうに『わた』と呼んでいましたが、輸入された洋綿が当たり前になり、

 

それと区別して、日本の綿は『和綿』と今は呼ばれています

ところで、1200年前にインドの青年がもたらした綿の種ですが、一説には絶えてしまったと言われております。

でも、こんな言い伝えがあります。

三河の国に住み着いたその青年は、その土地で、親しく栽培の方法を教えました。

土地の人々は、種を絶やさないよう、大切に栽培の法を伝えました。

今、その地に伝わる小ぶりの綿が、インドの青年がもたらした綿の末裔だと言われているそうです。

青年が住んだ所には、現在『天竹神社(てんじくじんじゃ)』が建っております。

その神社に『宝壺』とよばれる古い甕が伝わっており、近世に入りその甕をあけてみたところ、

その中には、古い古い綿の種が大切に収められていたそうです。