裂き織りと紬糸作り

古布を裂いて織りあげる裂き織りと、もともとは生糸にできない繭の真綿から作られた紬は、

貧しくたくましい庶民の知恵。

今回は裂き織りと紬糸作りの体験実習です。

 


 

今回は布を裂いて糸にし、卓上機で織りあげる裂き織りと、

真綿をひいて紬糸をつくる体験実習。

真綿は、繭を薄く延ばして作られますが、それを引いて作った糸で織った紬は、空気をよく含み、とても軽くて暖かいのが特徴です。

坂田さんの織りの教室では、織りの練習を進めるかたわら、自分で紬糸を作りためてゆき、織ることもできます。

また、真綿はton-caraの『真綿作りワークショップ』で作ることもできます。

 

 

◆期日:4/2(日)

◆時間:10~15時

◆講習費:7,000円

◆定員:7名(最小遂行人数3名)

◆材料費:別途。裂き織り用生地1,000円

◆初回特典:お昼ごはん付、帽子真綿プレゼント!

◆申し込み: mail@ton-cara.com 

TEL090-2544-9959(ふせ携帯)

※金額はすべて税込です


講師紹介

坂田美波(さかたみなみ)

織物作家。

1976年生まれ。

大塚テキスタイル専門学校工芸染織科卒業。南足柄工芸研究所にて染色と織りを学ぶ。

2008年独立し、群馬県の自宅工房で製作を始める。 

2011年から安中市の公民館事業にて機織り講座を担当。