貫前神社式年遷宮祭、神御衣奉納

ton-caraで織りの教室をうけもつ坂田さんから、

今日、貫前神社に神御衣を奉納するご神事があると聞いて、行ってきました。

 

まだ誰も出てこないので、境内を散策。

梅がきれいだな。

椿もきれいだ。

 

貫前神社は今年、十二年に一度の式年遷宮です。

お社もきれいになり、神様の着られる衣も新調するのだそうです。

それで、今回は富岡の繭をつかい、蚕絲館の東さんが引いた生糸で、

富岡でやはり養蚕から座繰り・織りをしている金田さんと、織物作家の坂田さんが衣に織り、

精練と仕立てを経て奉納されるのだそうです。

これがその衣だそうです。写真は坂田さんのご提供。

神社に奉納される『神御衣(かむみぞ)』は、わたしは御神職さんがご神事で着るものなのかと思っていたら、本当に神様用なのだそうで、へーーーー。と思いました。

脇の切れ込み『身八つ口』がなく、小袖の形です。むかしの装束っぽい。

しかもこれは肌着で、夏用と冬用があるのだとか。

 

さて、しばらくすると、関係者の方たちが社務所から出てこられました。

東さんのご主人、平石さんが言いました。

『うまが来るよ』

うま、どこから?馬事公苑??

『いや、うま、ひとだから・・・』

ひと??

↑こういうの??

うまが降りてきました。

うま、どこからどう見ても、にんげんですね。

しかも後ろの馬は金田さんじゃないですか。

『おー、おー、おー』というご神職さんの声と共に本殿の扉があけられ、馬が運んできた神御衣が捧げられました。

御本殿をうつすと、ばちがあたりそうなので、写真は撮りませんでした。

富岡の市長さんをはじめ、関係者の方々が並ばれるなか、のりとが唱えられました。

 

ご神事がすみ、記念撮影。

左から金田さん、奥さんの奈々さん、坂田さん、東さん、ご主人の平石さん。

すばらしいお仕事、お疲れ様でしたー。

神様、きっと喜んでいますね!