桜染め教室、その2

桜染め教室、今日は後編です!

はじまりー。

昨日制作した、桜の分量・色を定着させる媒染・酸化の有無の違いによる色見本表。

これを基に、今日は自分の染めたい色を目指し、まずは分量をはかります。

計れましたー。

写真もぶれましたー。ごめんなさい。

桜を煮だしています。

こしきでこして・・・

きれいな桜色です。

桜の分量が少ない方が赤みが強く出ます。

ただ、今回の桜は色素量が多いとのことで、

すると黄味が強く出やすい傾向にあるとのことです。

自然界のものだから、いつでも同じというわけではありません。

媒染に鉄やアルミを使い、浸し染めをしてゆきます。

鉄は硫酸鉄、アルミはみょうばんを使いました。

重金属を用いると色が定着しやすいという認識は、

人間が有史以前より『ここの水で洗うと色が落ちにくい』とか

『土に埋めておくと色が落ちにくい』とか、地中や水中、自然界の鉱物の利用を、

経験から学んで蓄積していったのではないか?と、

講師の山崎先生はおっしゃっていました。

丘の上のton-caraは、いつでも乾いた風が吹きつけるので、

あっという間に乾いてゆきます。

手前がシルクの鉄媒染、その横は綿のアルミ媒染、

それからシルクのアルミ媒染。

シルクに比べ綿の方が色素を取り込みにくいので、

結果、黄味があまり出ず、淡い桜色に染まりました。

 

『ポーズをとってください』といったらポーズをとってくれた

やさしい山崎先生と、M島さん。

同じ桜の染料で、左がシルクのアルミ媒染、右が鉄媒染。

一回の受講で諸条件による色の出方の違いを理屈から学べ、実践できます。

受講されていたみなさん、草木染していても、『あれー?』と

思う色になることがあったそうで、今回いろいろ勉強できて

よかったとおっしゃってくれました。

ありがとうございました!

 

 

次回の草木染は春夜叉、

(↑春のやしゃぶしをそう呼んでいるそうです。写真はウィキペディアより)で染めます。

現在、山崎先生が頑張って採集中で、材料が集まらなかったら、、、

栗で染めます。

自然物なので、いつでも採れるとは限らないという。。。

採集生活なんですね。

『風土に根ざした草木染』、初回講習はこれにて!

次回の講習は4/13(木)、14(金)です。

 

ぜひぜひお出かけくださいませ。

お申込みはmail@ton-cara.comまで