裂き織りと紬糸つくりの教室

今日は裂き織りと紬糸作りの教室です。

暖かな日和でよかった。

白もくれんもすっかり開きました。

 

講師の坂田先生です。よろしくお願いしまーす!

 

布を細く裂いて作られた糸玉。

これだけでもかわいい。

どんな風に織り上げられるんでしょう。

 

みなさん、どれにしよー、とおっしゃいながら、

それぞれ好きな糸玉を手に取り、横糸にして打ち込んでゆきます。

 

『楽しー!』。

そう言ってくれるのがとてもうれしいです。

 

同じ手仕事をしながらだからでしょうか。

はじめて会った方同士なのにお話もはずんで、何度笑った事でしょう。

 

さて、お昼です。今日のton-cara定食。

豆ごはんと 梅風味のさばの味噌煮、しいたけの煮ものと菜花のごまあえ、

さといもとかぼちゃ・葉玉ねぎのお味噌汁。若いメロンの漬物、蕗みそ。

取材に来ていた上毛新聞の方が、生徒さんのスマホで撮ってくれました。

写真部に所属していたとおっしゃるだけあって、湯気までおいしそうに写っています。

『おれ何しにきたんだろー?』と笑いながら

上毛新聞の方も一緒にご飯を食べてゆかれました。

みんなで食べるご飯はおいしいです。

 

講師の坂田先生は紬の修行をされていますので、

せっかくですから紬糸つくりも体験させてもらいました。

真綿(絹のわた)を手で引っ張りながら、糸をつくります。

難しいーー!

 

おしゃべりしながらも、ちゃくちゃくと作業は進みます!

 

じゃーーん!

 

ばーーーん!

 

できましたーー!

すごい、あんなにおしゃべりしながら、こんなにできている!

とても和気あいあいとした雰囲気の中で、

わたしもとても楽しかったです。

 

坂田先生の教室では裂き織りからはじまり、

少しずつステップアップしながら

織りを楽しむことができます。

次回の教室は4/16(日)です。

詳細はこちら

 

お申込みはmail@ton-cara

TEL.027-368-2370

担当ふせまで。お待ちしてまーす!