和綿教室 畑の準備と糸紡ぎ

今日は和綿の種をまく畑の準備です。

 

苦土石灰をまいて。。。

 

混ぜ込んでフカフカにしました。

 

 

午前中は畑だったので、お茶を飲んでひと息。

前回参加してくれたWさんが、ご自分で作ったものを見せてくれました。

自作の手芸グッズ入れ。素敵です。

しかも前回習っただけなのに、スピンドルに紡がれた糸がこんなに!

 

紡ぎ損じた綿は、これも自作の腰あてベルトの中綿に!

刺し子もかわいい。

このベルトは原始機やカード織りの時に使うそう。

暮らしの中の道具を手作りする、

そんな日々はton-caraも目指したいところです。

 

なんて盛り上がっていたら、お昼の時間。

今日のご飯は、コロッケと豆ご飯、里芋のお味噌汁です。

 

午後は糸車の練習!

 

綿をシート状にして

 

しのを作り。。。

 

糸車に。

ブーンブーンと鳴り響きます。

紡ぎ損じは、また何かの中綿に。

綿を全て活かしきる、素晴らしいです。

 

今回は飯塚先生が育てた綿を製綿したものを使っています。

これ一つで600円。

糸紡ぎしたい方、はんてんなど作りたい方、ton-caraで販売してますよー。

 

やっぱり何度もなんども繰り返すことで体が覚えますね。

 

しかも今回は、手織り おもとや新聞が配布されました!

『わたのぬいしろ』。

和綿教室に参加してくれた生徒さん限定です!

月一回の発行予定(たぶん)。

飯塚先生の綿や衣に対しての思いや考え・姿勢は、聞いていて、とても勉強になるし面白いのです。

それが文章で読めるなんて。

これがどんどん貯まっていったら、とても大きな財産になりますね。

今から楽しみです。

 

次回講習は4月26日(水)

畑での作業は畝つくりになります。

それから糸紡ぎの実習!

ぜひご参加下さい。

 

詳細はこちら

 

申し込み・お問い合わせは

mail@ton-cata

tel.027-368−2370

ton-cara ふせまで