和ノ屋さんの味噌つくり

今日は和ノ屋さんの味噌つくり。

和ノ屋さんは甘楽町で自然農を営みお野菜を作っています。

土地と草木に愛情を込めて向かい合う和ノ屋さんの大豆。

力強い甘みがあります。

 

かまどは今日も大活躍。

 

大豆が蒸しあがりました。

 

ミンサーで挽いて、

 

スパゲッティのようになりました。

 

そしてこれは和ノ屋さんが育てた麴。

 

塩を加え、

 

まぜます。

すごい高速に見えますが、室内が暗いためです。。。

 

力一杯こねて?練って?みそ玉に。

 

カメの中にウリャー!と投げつけてゆき、いっぱいになりました。

 

塩で蓋をし、

 

さらに酒粕で蓋をします。

 

和ノ屋さんのお昼です。

素材の味を生かす、やさしい美味しさ。

 

お昼後には黒豆の味噌つくり。

これは昆布で蓋。富山のやり方だそう。

昆布のうまみが味噌に行き渡り、味噌の味が昆布にしみ、

お味噌ができる頃には、うまい飯の友になっているんですって。

 

お味噌が出来上がるのは3ヶ月後とのこと。

またお披露目してくれるそうです!