麻のお茶会のお知らせ

縄文の昔より江戸時代に綿が普及するまで、日本の庶民ほとんどが、着るものといえば麻でした。

戦後は栽培が禁じられ、目にする機会もありません。

千葉県君津の染織伝承館 布衣風衣を営む渡辺ご夫妻は、

当たり前に麻を植え育て糸にし織っていた、

おそらく最後の村に20年以上にわたり

取材し記録を採り続けました。

渡辺ご夫妻をお迎えし、お茶を飲みながら、

夫妻が8ミリカメラで撮った貴重な映像をまじえ、お話し頂くお茶会です。

布衣風衣HP

 


日時:5/14(日) 10時〜

参加費:1,000円(お茶と草もち付き)

定員:10名

お申込み:e-mail mail@ton-cara.com TEL:027−368−2370 (ton-caraふせ)

メールにてお申し込みの方は、お名前、ご住所、ご連絡先も合わせてお願い致します。

ちなみに麻のお茶会ですが、お茶に麻は入ってないです。でもとても丁寧に育てられた余呉のお茶です。。。

※お話が長引いた場合、お昼はにゅうめんが出せます。ご希望の方はどうぞ。