機織り教室・紬糸作り

第三日曜日は、坂田先生の機織り教室。

この日は、卓上機にかける経糸の整経作業がありました。

整経は、機にかける経糸をひきそろえ『綾』をとりながら、

必要な長さの分だけ手でのべる作業です。

 

前回整経を終え、筬通しを終えた方は、織りに入りました。

 

この日は、県外から来られて紬糸作りのレクチャーを受けられる方も。

 

紬糸は、繭を煮て作った『真綿』の繊維を手で引き出して作る糸です。

『真綿』というと、木綿わたと誤解されがちですが、絹のわたです。

 

釘をたくさん打った回転する円盤を利用して糸をひきだします。

この紬台を使う方法は、久米島の方法の流れをくむものだそうです。

 

作った紬糸は『おぼけ』に貯めてゆきます。

糸を抑えるためのお豆が可愛いです。

 

10時から15時まで、あいだお昼をはさんでこれだけの量がひけました!

 


坂田先生の機織り教室は毎月第一月曜・第三日曜です。

※12月第三週は変更があり、12/18(月)開催予定です。

紬糸作り、高機体験は、教室開催日で行うことができます。

ご興味ある方は、ぜひお問合せ下さいませ。

 

TEL:027-368-2370

mail@ton-cara.com

担当:トンカラ 店主フセ