草木染教室・どんぐり染め

秋です。秋も深まってまいりました。

この日は、秋らしくどんぐりを使って染めました。

使うどんぐりは、コナラとクヌギ。

どんぐりの種類と、帽子の部分『殻斗(かくと)』、皮、中身のナッツとで、色の出方も違うそう。

 

 

ナッツと皮とをわけるには、金づちで地道に叩いて、むいてゆきます。

 

これはクヌギの帽子、『殻斗』を煮出しているところ。

 

お昼です。今日はポークソテー。

 

受講されているHさんが、先月の重ね染めで染めた糸を使い、早速織り上げてお持ちになりました! 早い!かわいい。

 

これが先月染めた糸。茜と栗です。

ご自宅でもガンガン実践され、織られるので、お話を聞いていてもとても勉強になります。

 

コナラの皮、アルミ媒染。

 

お天気が良かったので、引き染めも。

 

素材が綿や麻だったので、アルミ媒染は淡いベージュに。

鉄媒染は、青みがかったグレー。

Hさんは、この糸でまた来月までに織りあげちゃうのかしら。

 


11月の草木染教室は、11/28に型を彫って染める型染、11/29にキブシを使った浸し染めを行います。型染は何回かにわたっての講習となります。

お申込みは、ton-cara 担当フセまで。

TEL:027-368-2370

e-mail:mail@ton-cara.com