草木染教室・重ね染め実践!

草木屋 染の杜 山崎杜人先生の草木染教室。

今日は単色を重ねて複雑な色合いをめざす、重ね染めの実践です。

まず、材料の採集。

桑は鮮やかな黄色が染められます。

 

藍。

生葉染めには季節が進みすぎてしまっていますが、きれいな青が出ました。

 

山崎先生、船頭さんのように見えますが、栗をたたいて落としています。

 

イガを煮ています。

青いイガで染めると、青みがかったきれいな黒が出るそう。

 

媒染中。。。

ランダムに染めたいので、ねじってあります。

 

きれいに発色しました。

 

生地も染めます、、これは単色で。

 

青みがかったきれいな黒に。

 

茜も重ねます。

 

糸染めの方はこんな感じ。

この糸を使って織ったら、どんな風に色が出るんでしょうね。

楽しみです

 

ストールはこんな感じになりました。

左のストールは栗と茜、右側は桑と茜です。

 

くしゅくしゅっと丸めると、ハワイアンな色合い。

 

重ね染めについては、

単純に『この色とこの色を掛け合わせるとこの色になるだろう。。。』という推測は必ずしも当てはまるわけではないようです。

掛け合わせるときは、何を最初に染めたらよいかなど、詳しいノウハウを教えてもらえたりして、よかったです^^

 

 


次回の草木染教室は、10/17(火)、10/18(水)。

素材はどんぐりです。

こういう感じで染めたい!という希望がある方は、

その旨お伝えください。

山崎先生、そういう希望があるとうれしいそうです。

 

お申込みはton-cara 布施まで。

mail@ton-cara.com

お待ちしておりまーす。